綺麗なスムースと言えば
(株)小寺製革所

ジェルバーマイスターの資格持つ社長、工場が作り出す革

(ドイツ国立ロイトリンゲン皮革研究所製革学校にて取得)
国内海外から厳選された原皮を使用。
仕上がった革は見た目に綺麗で、触って使ってみれば質の高さが解ります。
紳士靴、婦人靴、家具(インテリア)様々なブランドに使用されています。
近年、小寺製革所の革を使用した製品は、ドイツ国際靴職人技術コンクールにて紳士靴、婦人靴共 金賞を獲得しています。
日本だけでなく世界に認められています。

ソフトレザーと言えば
(有)コンツェリア多田

兵庫県皮革産業協同組合連合会の皮革コンテストに数多く受賞

エコレザー、ジャパンレザー認証工場。
革本来の風合いを活かし独自の製法で作る素上げの革は、見た目の革らしさは勿論、触った時の驚く程のソフト感と触り心地が際立っています。
鞄、財布、ベルト、靴等 多くのブランドで使用されています。
環境に配慮した製品ノンクロムレザーで、重さを感じない軽量革等、今の時代に合致しています。

国内初のLWG加盟
(有)繁栄皮革工業所

LWG(レザーワーキンググループ)イギリス本部、レザーに対する品質や安全性、環境問題等の啓蒙活動を行っている国際団体

この国際団体は、現在では世界的有名ブランドのほとんどが加盟しています。
2018年11月に国内で初めてのLWG認証を取得し、靴、鞄、ベルト、財布等に使用されています。
環境に配慮したレザーだけでなく、抗菌レザーの開発も進めており、今後需要は増えていきます。

ヌメ革と言えば
VLナカシマ(株)

エコレザー認証工場(ニッセンケン認証取得)
ニューレザコンテストにおいて5年連続受賞

植物タンニン鞣しを中心としたエコレザーに取り組んでいます。
革は厚みのあるハード(ベルト用)からソフトまで、革本来の風合いを活かした素上げのアニリン仕上はイタリアンレザーにも決して劣りません。
鞄、財布、ベルト、靴等に使用されています。
環境問題は勿論、経年変化を楽しむなどの点から、植物タンニン鞣しレザーの注目が高まっています。

東京にはまだ何件もの革製造工場や加工工場があります

TOKYOレザー

・シルクスクリーンプリント
・箔貼り加工
・型押し
・革のカッティング
・プリーツ加工
・インクジェットプリント
・3Dプリント
上記のような様々な加工ができます。
色々な組み合わせもできますので、お気軽に相談してください。
あなただけの革ができます。

3Dプリンター

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。